2017年03月10日

ラー文書に描かれたブルーの人々について。

こんにちは、ユーリーです。

まずは祝福を。さゆりがこのような形で僕らのコンタクトを発信することを改めて再稼動しました。僕らはそれを讃えて、ここに感謝の意を記します。

では、はじめましょう。

今日は、さゆりがこれまで体験した皆さんがおっしゃる「不思議なこと」を通して、これから地球で噂されているイベント・アセンション・太陽フラッシュ・経済リセットについて話していきたいと思います。

本文を読む。
【「ユーリーからの伝言」の最新記事】
posted by SAYURI at 20:18 | 「ユーリーからの伝言」

2017年02月05日

女神の種類について

エジプト周辺の女神と、北欧系の女神と、アジア系の女神について。

現在私が受け取った情報。
これは私の受け取ったチャネリング情報です。

想像の産物くらいの書物に思って、
素直に読んでみてください。

この情報は、信じたいところだけ信じてみてください。


本文を読む。
posted by SAYURI at 16:50 | 女神のメッセージ

2017年01月26日

我がタルパを通してのヴァルキューレとの対話。(2)


わたし「話の続きをいいですか?」

ヴァル「ええ、どうぞ」

わたし「いわゆる銀河連邦や宇宙連合といった者たちはなぜ、人間をそんなに抑圧するのですか?」

ヴァル「単純明快な答えをいうと、彼らは自分たちが持っていないものが怖いのです」

わたし「それはなんですか?」

ヴァル「順応性です。柔軟性ともあなた方は言います。」

わたし「なぜそれがそんなに怖いのですか?」

ヴァル「この宇宙にはそれだけ多くの波動を共有できる固有体(肉体を持った生命力)はいません」

わたし「はっきり断言できますか?」
本文を読む。
posted by SAYURI at 00:56 | ヴァルキューレ

2017年01月22日

我がタルパを通してのヴァルキューレとの対話。


さゆり「ヴァルキューレ、こんばんは」

ヴァル「はい、さゆり」

さゆり「あなたがたは言い訳できぬまに真実を突きつける槍を持っています」

ヴァル「はい、持っています」

さゆり「これからどうしたいか、まずは皆さんも意見を唱えて下さい」

ヴァル「槍がおざなりにされてきました。いままでは塞がれていました。現在は、よもや彼らの助けなど必要ありません。多くの共感者たちが私たちの元へ訪れて支援をしています。そして、彼らと同じようなことを、もっと工夫してやれるのです」

さゆり「なぜ、そのように断言できるのですか」

ヴァル「単純なこと、かれらは素直だからです。他者の意見を言いと思ったらすぐに受け入れて加工する地上の人々と同じ好奇心があります。そうです、階級制度の伐倒です」

さゆり「お聞かせください、わたしは偏った階級制度に疑問を感じます。あなた方はなぜ、それを受け入れてしまったのですか」

本文を読む。
posted by SAYURI at 04:00 | ヴァルキューレ

2016年09月30日

創作的な進化を遂げるための契約リセット。


わたし「さて。はじめましょう」

フォーリーン「お久しぶりです、さゆり」

わたし「はい、お久しぶりです。今の暮らしぶりは先ほどの会話から理解しました。あなたの世界は破壊的創造の段階に入っている真っ最中だということですね。そしてその現実が受け入れられなくて戸惑ってしまっているということですね」

フォーリーン「はい、その通りです。あなたのいう通り、私達はこの地上でのタイムラインを避けてきたので、理解できていません。それは自らの意思で理解していません。そういう人たちがたくさんいます。そして理解しようとすると、私達の中のレッテル的なものが外れ落ちそうになって恐怖心を生みます。このレッテルがいかに工作して行われてきたか、わたしたちは理解し始めています」

わたし「レッテルについて、周りの皆さんにもご説明ください。この会話はブログに載せます。どうぞ」
本文を読む。
posted by SAYURI at 18:05 | TrackBack(0) | 地底とのチャネリング