2022年02月10日

「霊性哲学を通して充足感と収入を会得する哲学方式について」

さゆり「あなたとこのように再び、このような形で対談を記すとは夢にも思いませんでした」

ユーリー「家族をリニューアルした結果はどうだった?」

さゆり「どうでしょう・・・わたしには感想を述べる文章を飾る枕詞も浮かびませんよ」

ユーリー「それでいい。素直でいい、僕らの魂は素直さが際立っている個性なのだから」

さゆり「おかしな世界ですね・・・なぜ、人々は素直になる術を失ってしまったのか。わたしなんて強制的に思い出されるというのに」

本文を読む。