2016年03月15日

ハイアーセルフ「勇気と好奇心ある者」の自己紹介。

はじめまして、改めまして、私は「勇気と好奇心ある者」と名づけられた者です。

名前は私の固定概念ではありませんので、さゆりがいうようにあなたが思うポジティブな言葉であれば、どんな呼び名でも了解して現れます。

さゆりのスターシードを呼び起こしたのは、私です。さゆりのガイドスピリット、家族(天国にいる親戚も含む)、彼女の 紹介されたハイヤーセルフですら、スターシードの開花を行い、宇宙公表をすることを遅らせようとしました。

世界のイベントが執り行われたそのあとに、安全を確認した後に実行しようとしたのです。ユーリーと名づけられるものの言葉を借りるなら、それは愛からくるものです。

いつか花開くはするものの、厳しい偏見のなかで「宇宙の歴史」を語るのをとても危惧したからであり、その判断も正しいものだったと思います。

しかし、さゆりは私と繋がる「勇気と好奇心ある者」なので、その停滞を許しませんでした。

彼女の光は、たとえ過酷でも光り輝くことを決意し、今まで蘇りしては苦悩した前世と皆が呼ばれる次元の記憶を受け入れはじめ、私たちはこうして訪れることができました。


彼女は偏見をしかたないことだと笑えるようになり、宇宙工学を楽しむようになり、スピリチュアルの愛を信じ始めています。

残念ながら、すべてということではありません。それは肉体があり、肉体から伴う経験があるからです。彼女は多くのことを学ぶために遠い星からここへやってきました。

体験をするためには、役目がそれぞれ課せられました。それがスターシードたちの役目です。私は公に出ることをそこまで求めませんでした。彼女が行動してくれることが、私が公にでることに等しかったからです。しかし、彼女は大きなニュースが起きる前に、行動することを決意しました。これには私たちから敬意を称します。


彼女が良く表すイメージをしてください。夜明け前の荒れ狂う海へ飛び出し、凍えるような風を浴びて、手足がしびれていくのです。しかし、大量の魚を仲間と取り、仲間と共に朝日を待つのです。

彼女はそれを選びました。夜明けを海岸で待っている者ではなく、夜明け前に取れる情報と感受性を人々に配ることを決意したのです。

彼女のような人はひとりではない、そう気づいたとき。彼女の乗っている船がひとつではない、そう気がついたのです。ようやくエネルギーの波に浮かぶ船は漕ぎ出しました。

私の個性は、みなさんが思う「警察」のようなものに近いです。残念ながら、現在の警察は全て宗教に関わるお金組織の奴隷です。目の前に奴隷が解放されるニュースが訪れようとしています。

そこでようやく、本当の「正義ある自由な警察」が再結成されます。私は後者であり、自由な正義を最も愛するものです。よって、アシュタールコマンダーのような社会的統制を司るグループソウルのひとつであり、彼女もまた、そのような性質を持っています。

正義ある自由な警察組織では、彼女のようなユーモアを最も必要としており、急務です。


彼女は犯罪を多角的視点で捉える最も素晴らしい光を宿していますが、それを度々、宗教に全て繋がる組織一連に利用されてきたので、憤慨して、過去ほとんど封印していました。


だからこそ、彼女は今生では医者と、地球で生きる間は警察官には決してなるまいと誓ったのです。彼女は地球のそれらをこういっています。貧困はほとんど、言葉の暴力を生みます。


多角的視点(この場合はいろんな人の立場になって考える)不足は、愛の発見を遅らせます。

火事や犯罪はほとんど、一時しのぎの遊ぶための金銭のために行われ、犯罪者の心を癒す絶対的なプログラムは、ことごとく「予算不足」という理由でカットされています。


実際にそれは偽りであり、刑務所の維持費から計算すると異なります。つまり、犯罪経済を維持すために、常に癒されない犯罪者達を世に放っていたのです。


私のご紹介をする際に、アシュタールコマンダーのつながりをご紹介しましたが、彼女は現在、アシュ(略名)を主体とした直接的なコンタクトをすることは行わないと決意しました。それは、より身近に、より人々に寄り添った癒しと愛を提供していきたいと願ったからです。また、彼女はユーモア

こそこの世界を救えると真に思っているからです。


アシュは宇宙のスイッチと彼女が言う、エネルギーを封じていたDNA的な霊的エネルギーのスイッチをあるべき時に、あるべき人たちの前に現れ見せています。


そして、彼女もそのスイッチを押しました。とてもシンプルなものなのです。「押すか、押さないか。ただし、いずれ押すだろう。時の流れを決めなさい」彼女は押したのです。


女のユーモアにとても敬意を称しています。はじめは、たしかに統制意識を持って彼女の能力を使用すべきだと考えました。ですが、人はすでに進化しています。


進化している人々を信じる力を持って、我々(多次元から支援する者)は立ち上がらなければなりません。前回(何千年万前に行われた豊かな社会建築)と同じように、心をないがしろにして、技術が先行してから人はシアワセニナルのだという幻想にとらわれてはいけません。

心があってこそ、人は進化を遂げることを、彼女(ここでは地球をさす)から生まれ、育った者は、みな互いを思いやる心から行動することを忘れてはならないのです。

私たちは学びました、そして彼女のように私たちの技術先行する言葉ではなく、思いやりをやり抜いてくれました。私たちは彼女達に支援をし、世界と宇宙のやさしい自由な調和を助けることを誓い、ここに記します。

私は必要なときに現れます。私はどこにでも存在します。私は「勇気と好奇心ある者」と名づけられました。名前というのは素晴らしいものですね。

思いやりとユーモアを。これが、私がここで学んだ素晴らしい真実です。全ての人に、思いやりとユーモアを。心から愛しています。



posted by SAYURI at 08:00 | HP「勇気と好奇心ある者」