2016年06月24日

【人間の自由な調和を復活させる奉仕活動】


わたし「私がいわゆる「スピリチュアルなお役目の夢」をほぼ見なくなり、不眠症が治ったのはほんの数ヶ月の期間です。個人的ではりますが、これについての変化について、あなたとお話しできればと思います」


フォーリー「はい、わかりました」

わたし「私は「全宇宙や光のために奉仕」することを、一旦見直しました。そして今、「可愛らしい地球の意識と生命力」に奉仕することを決断しました。地球の解放を遅らせているのは、経済支配者だけでなく、以前まで私達のようなチャネリングの夢を送っていたスピリチュアルな次元の者達だと一部の天性的なチャネラーは気づきました」

フォーリー「はい、その通りです」

わたし「気づいたときに、あなた方はたくさんの抑制をかけました。わたしは一時的に生活保護を受けろとまで行き着きました。けれど、わたしはそれに首を振り、自ら立ち上がり、新しい仕事を生み出そうとするときに、たくさんの怪我や病にあいました。ようやく素敵な仲間に出会えたという中、同じような交通事故数回、目の前で車同士が衝突する瞬間に遭遇しました。直前に直感的にその道を避けたほうが良いと思い、避け続けてきた場所でもありました。そういう現実的なことの克服も含めて、肉体調整する食事にも少しばかり気を使い、あなたがの意識が夢に入り込むことがなくなり、個人的な夢を見るだけにとどまり、不眠症がより良くなりました」

フォーリー「おっしゃる通り、あなたは気づいたことにより、またあなたの行った「生命力を自分から地底に届ける」ことの繰り返しで、地底の人々の注目も集まり、あなたにスピリチュアルの進化遅延に携わっている者達から身を守ることを手伝いました」

わたし「はい、わたしは夢の中でいちいち生命力を送ったり、メッセージを受け取る前に、「現状を変えたい、変わりたい」と願う地底の自由を愛するあなた方に、自ら生命力を送るようこの一ヶ月集中的に瞑想エネルギー過程を組みました。より濃密な生命力を送れたと感じた次の日、事故を目撃しました。幸い、車に乗っていた人はほとんど怪我はありませんでした」

フォーリー「その衝突現場は、まさにあなたのエネルギーと適合していました。事故を引き寄せたというよりは、あなたが事故に合うようなエネルギーの衝突と同調し合い、出会ったということです。波長の法則で似たような波動意識が集まった結果でもあります」

わたし「激しいぶつかり方でした。けれど、人に怪我はほとんどありませんでした」

フォーリー「はい、おっしゃる通りのことが、あなたと私達と、地底の血族リーダーを主張する者達との間で起きています。誰も怪我はしませんが、物理的に衝突し合っていました。それが、あなたの夢の中から出てきて、目に見える形で発見できるように、あなたが自らその現場を目撃するために向かったというわけです」

わたし「わたしは『もう夢のお知らせは見ない、現状は現場で見る』と意識したことで、自ら事故現場を目撃する場所に自然と赴いていたわけですね」

フォーリー「自然とというと、いくぶんか誤弊がありますが、直感的に違和感を思ってはいるが、感情的では何も知らなかったという表現が私達の伝えるあなたの行動解析です」

わたし「不眠症に苦しんでいる天性的なチャネラーは多いと思うのです。なにかアドバイスがあれば教えてください」

フォーリー「ありません」

わたし「なぜですか?」

フォーリー「あなたもご存知な通り、私達のコンタクトの繋がりを一旦放置したり、今までの方向性でのエネルギーの繋がりを切った後につなぎ直すことは、地上の人々にとっては激しいエネルギー変化となります。心のどこかで、地底組織の変化を望む私達は、それを気づいて乗り越えてくれる人々を望みました。けれど、あなたの状況を共感したと同時に、あなたと同じような変化に耐えられるだけの想像力を持っている人々ではない限り、お勧めすべき手段は現状は皆無です」

わたし「それは意外な反応でした。天性的なチャネラーの不眠症は、荒い現実的な変化を超えるための想像力を持っていないと少しも良くならないのですか?」

フォーリー「なりません。私達はいかなる理由であっても、地上の良心的なコンタクター達の死を望んでいません。あなたが死んだように生きていると言う、感情を抑圧して貧困や病気や境遇に悩まされているコンタクター達だとしても、私達はあなたが受けてきたような肉体・精神・環境・エーテル世界との和解など。変化に耐えうることができなければ、停滞を自ら望む人々の自由意識を尊重しました」

わたし「その辺がわたしの意見と違いますね。わたしはこの地上世界で、恐ろしいほどの夢の空間での抑圧・大量のメッセージ等に悩まされて、仕事も睡眠もままならない時がありましたから。あんな状態を繰り返して、なおかつあなた方も遅らせている誰かがやってくれるだけの地球解放まで待てません」

フォーリー「待てないと決断して行動したのは、あなたの個性から出た行動です。また、私達の個性でもあります。私も同じように共感します。けれど、私がもし、地上の人であるなればあなたのような境遇の変化に耐えられないでしょう」

わたし「誰かの気持ちを操作しようとは思わないですが、待てないと決断したのに、つらぬけず、待ってしまう行動を繰り返す天性的なチャネラーについては、あまり地球解放に良いエネルギーを送っているとは思いません。なぜなら、感受性が強いということは、それだけあなた方にも影響が生じるということです」

フォーリー「はい、私もそのように捉えています」

わたし「私も自らあなたがに生命力を送りました。そして、地球にも送りました。受け取ることから、送り出すことを選びました。送り出せば送り出すほど、新しい生命力が生成されていくことも体感しました。もちろん、生命力に耐えられるだけの環境作りや人脈、肉体調整、スピリチュアルな世界との繋がり方の見直し等もしました。そして、わたしはその中心となって、こういうふうに地底の人々も、内なる生命力を地上へ送ってみてはどうかと提案しました。その変化はどのようになっていますか?」

フォーリー「あなたがおっしゃったような内なる生命力から出でる同士で助け合う方法を実践中です。そして、その変化は確実に起きています。なにより、私達はこのように容易に以前より、コンタクトを感情を持ちながら、少しだけ楽しみながらおしゃべりすることができています」

わたし「わたしはいくらでも、この生命力をあなたにあげることができます。ただし、わたし達のことはご存知でしょう?地上は個として確立する文化成長です。個から調和していく過程を踏んでいます。あなた方の地下組織は、調和や統一から個として目覚めを促す文化成長です。今度こそ共に価値合うべきです」

フォーリー「はい、そうですね。私達の恐れていることを正直に申し上げましょう。それは生命力の暴走です。あなたもご存知の通り、生殖器のエネルギー暴走は心から魂の痛みを伴います。生殖器のエネルギーの流行りがるようですね、それは最も私達が恐れている過程です。とても激しいものなのも、あなたは理解しているはずです」

(最近、スピリチュアルの界隈で流行っていた子宮や精巣の細胞から出る声を中心に生活環境を決定する信仰意識のこと)

わたし「生殖器の細胞の声は、大切にはしますが、そのまま具現化するのは確かに危険ですね」

フォーリー「あれが私達が最も恐れていることです。あのような状況を生み出した原因は、貧困を生み出すための経済支配者・生殖器のホルモンを狂わす飲食と空気の意図的な科学汚染、精神を乱すため真実ではない生体医学やその他学問・・・・あらゆる手段で地上の人々は生殖器のエネルギーを狂わすためのものを吸収してきました。あなた方が意図的ではないにしろ、私達にはそれが恐怖に移ります。本人のエネルギーと調和したいという意思に反して、暴走する意識に焦点を当ててしまう場合もあるからです」

わたし「素晴らしい、あなた方は恐怖を正直に素直に発言していただけるようになりましたね。真実と向き合うことの素晴らしさについてどう思いますか」

フォーリー「恐ろしくもありますが、遠回しにあなた方に伝えていた頃よりも、前に進んでいる気がします」

わたし「共に進んでいきましょう」

フォーリー「はい、地球の解放へ進みましょう」

わたし「まとめると、つまり、生命力エネルギーとの調和が、人間の調和や地球の奉仕活動に繋がりやすくするということですか?」

フォーリー「はい、私達が地上のあなた方を一通り拝見したり細胞波動にポジティブに共感しているところは、そのようになります。光のソースからでもなく、私達地底組織の人々からでもなく、地球の外にいる宇宙船からでもなく、遠い銀河の次元に住まう者達でもなく、まして過去の信仰していた神や意識体でもなく、自分という意識の個でもなく。生命力のエネルギーの暴走を素直に認めて、調和を促す想像力を活躍させることが、地球の奉仕貢献している様子を知ることができました」

わたし「最も暴走している細胞エネルギーを調和することに着目する、というわけですね」

フォーリー「はい。付け加えて言うなれば、まずは現実的な食べ物(水や医薬品や等)からの改善から生殖器細胞と他の細胞と調和していくのか。性別についての思考パターン(いわゆる同性愛やニュートラルな両性愛等)のイメージを持つ人々と実際に話をして知るべきなのか」

わたし「男性と女性、中性と無性別のエネルギーの平等な調和ですね。肉体・思考パターン・宇宙の次元の動静流れ・・・ですね」

フォーリー「そうです、それらが私達が地球というこの場所で、地球意識が自ら名乗りを実験地の達成すべき目標です。その目標はもう少しで成長を突破できます。成長とは、完璧さではなく、成長を止めないことです。それらがあらゆる性なる細胞乱れの影響で、生命力は地上の人々は動きすぎる細胞に混乱し、地底の人々は静か過ぎる生命力に嘆きを覚えました・・・

これを適合させて、私達が見本となり、あなたと私のようにコミュニケーションを取っている人々が見本となり実践を繰り返し、宇宙の人々に見せていき、単に計画ではなく実行しながら試行錯誤して、実際に見せて示していくことで、今までの感情を抑圧させて社会形成を行ってきた文化惑星に問いかける手段となるのです。宇宙全体の推奨すべきことなのです」

わたし「私はそこまでの深いミッションとは忘れていたので、それは継続的なスピリチュアル成長の機動力になりませんでした。こうして最後まで駆け抜けてこれたのは、単に「誰もしらないエネルギーの調和を実行して新しい発見をしたい」とか「異文化コミュニケーションの面倒で愛らしい過程が好き」など行った個人的な理由が、私を最後まで突き抜けさせたんだと思います。そう、あなたとわたしのようにです」

フォーリー「そうですね、私もあなたと同じことに個性と興味を共感します。暮らしている文化は違えど、私達の優先順位が違えど、調和して同じ目標へ行く大変さを知りながら、宇宙へ示し続けているのですね・・・

これをご覧の多くの天性的なチャネリングを続けているコンタクター達も、どれだけこの宇宙に新しい経験を伝えているか、どうか自信を持っていて欲しいのです。私達、つまり地底に住まう同じ血族リーダーに疑問を持ちながら生命力を再起させようと目覚めを促す者達、それを共感する宇宙の次元の者達は、多くのコンタクターの皆さんに感謝と喜びと好奇心と多大なる貢献を望みます・・・

私達こそあなたに与えるべきだと反省をし、これからは一方的ではなく、さゆり達のように私達の地底に最も必要な「生命力の再起の励ましエネルギー」を与えてくれたように。あなた方の欲しいエネルギーリクエストをきちんと聞いて、あなた方に与えられるもの自らセッションして差し出し、宇宙全体が地球というすべてのポジティブな生命の息吹を聞くことをしなければなりません。今度は私達全体が、地上の人々のリクエストを知るべきだし、できる限り答える努力をすべきです。今回さゆりとの実験的コミュニケーションでその重要性、理解できました。これだけ短い期間で、成果が現れたからです・・・

さゆりのような地上の人々のあきらめない人々の行動力は、私達のリーダーだった者達よりも宇宙的にも説得力を持ったことで、リーダーの交代が行われてきています。これは地上のあなた方が常に私達が伝えてきたスピリチュアルなエネルギーについて興味を常にどこかで思い出し、行動し続けてくれたことがきっかけとなりました。現在、私達のリーダーはあなた方の行動力に伴って、発言権を宇宙的にも小規模なものになりました・・・

宇宙全体が地球という意識、ならびに地上の人間のリクエストの声を拾うことを目指し、意識エネルギーが以前より倍に訴えてきています。彼らの声のほとんどは「あなたが欲しいものはなんですか?」というものです。もしよかったら、純粋にそれについて応えてみてください。そして、もしよかったら、お金や時間や健康だけでなく、お金や時間や健康で、個人的に手に入れたい経験や好奇心が満たされたイメージを送ってください。その中で、地球という星でポジティブな波動に同調するリクエストを私達は応えるように続けてまいります。それが今、あなた方の混乱した生命力を調和させ、さらに宇宙のエネルギー調和させていくための貢献となります」

わたし「たくさんの熱意をこたえてくれて、本当にどうもありがとう。なにより以前よりも、あなたの情熱が伝わりました。とにもかくにも、私達はもっともっとコミニュケーションすべきですね。今欲しいエネルギーのリクエストを送って、リクエストに応えられるものが何なのか双方で話し合い、リクエストされたエネルギーを受け取ってみた反応を送った者に伝えて、さらによりリクエストを伝えるとリクエストに応える者との適合点を見つけて・・・そうやって私達はわかり合いましょう。そう。たった今、この時、感じている通りにやってみましょう」

フォーリー「あなたのような人々のおかげで、情熱という個性を奮起させること、生命力の再起を内なる私から見出すことに勇気を持ちました。こちらこそ、どうもありがとう」

わたし「やってみたいなら、がんばってみなよ。わたしもがんばってみるからさ、足りないんなら生命力をあなたに送ってみるから、というイメージはとても良かったようですね」

フォーリー「はい。実際にそのようになりました。私も送る側にたった今から、決断をして、勇気を送る側に就きたいと思います」

わたし「どうぞご無理なさらずに、あなたの勇気と好奇心と素直さに感謝と応援を送ります」

フォーリー「ありがとう、さゆり。あなたもお元気で。あなたとあなたの愛する地球とそこに住まう素直な人々に愛を送り続けます」

posted by SAYURI at 00:00 | 地底とのチャネリング