2016年07月03日

地球解放の支援者たちの現状と、今と明日を幸せに生きるためのアイデア。


【コブラを広告塔にしてきた地下の派閥に決定権がなくなってきていることについて】


私はお昼頃、あまりの眠たさに眠りに着いたとき、とある夢を見たのですが。

私が地球の解放を歌っていると、共感こそはしてくれるのですが、遠巻きに見ているだけで特別何もしていない人たちが私たちを評価していました。

Monday pm9:30 start purge

自分から変化を体験したり、今の周りについて批評しているだけ、人間的な成長をしようともしないし、ビジュアルレーションもしていない人たちでした。ともかく、自分の個人的な力を信じて強いパワーを解き放とうとしない人たちでした。

そういう人たちの中に、コブラの支援者たちがいました。彼らは熱烈なアイドルファンのように、コブラの2012年ポータルであったり、経済リセットのイベントの促進で動画を流している英語が書かれたTシャツや法被を着ていました。

印象的だったのが、法被の色や文字が全体的に薄れて風化している感じでした。支持者たちも、コブラという存在や派閥を大事にしているというよりは、大きなイベントのお祭りに参加している感じでした。

そのあと、その内容についてチャネリングをしたのですが、

「コブラが宣伝していたアガルダ派閥は、初めは経済リセットの要の役割である『リセットのボタンを押す係』の為に今まで活動をしてきた。しかし現在はエーテル爆弾よりも、自分たちの派閥を地上でどのように影響力を持って展開するかを切々と会議しており、その係から外された」
と出ました。

そういう傾向は、近頃の夢からのチャネリング等で受け取っていましたが、今日をもって、かなりそういう風に動いたようです。

では、一体誰が、どのグループが「リセットのボタンを押す係」になるのか。宇宙で稀に見る大変革です。そして遅延の繰り返し、チャネラーや多次元の人々の支持者たちの取り扱いの暴露、人々の疲労はピークをとっくに超えている状態です。どのグループもあまり率先してやりたがりません。

勇気ある手を挙げる者がいるグループでも、個人を尊重しない社会で生まれた、周りと右習えのような歯風を立てない社会に生まれてきた者たちにとって、勇気ある意見を尊重してもらえません。まず優先されるのは、自分たちの保身です。

この辺は人間と違うのですが、私たちはときの誰かのために命を投げ出します。もしくは自分の危険を顧みぬ行動もします。誰かがではなく、個人的にそれかできるのです。

しかし、彼らはグループによって動く習慣が長いため、そのようなことに慣れていません。そしていま、自分たちの幸せな社会作りの構造に嫌気がさした大次元の人たちが、手を挙げ始め、意見を強くしてきています。

その結果が、決定権が移り変わったことによるものだと思います。わたしはようやく、地球自身の強い意識が展開されたものと感じています。彼女はずっと受け入れました、ずっと耐えていました。ずっと見守っていました。それでもしてなお、派閥を意識して人々の死を目の前に変わらぬ者たちについて、全宇宙に意見しました。そして、宇宙の者たちもそれに賛同しました。

なにより、現場で一番堪えていきた地球の意識には、どんなに立派な社会を築いても、アイデアは出せても、対等に意見を主張することがかなわないからです。

皮肉にも、地球と外宇宙を遮っていた波動ベールを緩和したのは、コブラを宣伝広告にする派閥です。

以上が、今回受け取った現在の状況となります。



ここからは個人的な意見となります。


【今と明日を幸せに生きるためのアイデア】

やはり、Tシャツの薄れているコブラのブログロゴが気になりました。あと、行動力ある支持者離れも気になりました。

経済リセットが行われたあとの穏やかな変化のための準備をしてくれる者たちは残っていますが、決定的な行動力のある人々がコブラのような存在の意識から離れているのがすっと理解できました。

すでに保身的な地底人やアルクトゥルス内のほとんどの派閥、アシュタール支持者たちの遅延や自分たちの保身のため中心に動き始めているときに、気づいているのは私だけではないんだなと、感じています。

私のチャネリングしている地底や多次元の存在、またコーリーがチャネリングしている地底の人の存在等も気づいています。


何度も、私は地底や多次元の人々とチャネリングを通して伝えていることは、「まずは個を愛さず、受け入れずして、和はない」としています。みんなと共に幸せの生きようとするならば、個という概念を大切に扱ってから言える主張だからです。

わたしは10年近く前から、このような派閥に意見するたびに、ないがしろにされてきました。技術より、人間の時にわがままで可愛らしい個性を認めてほしいと、愛情を育てることを中心に活動してほしいと。いつも意見を歯出されてきました。

ずっと悔しかったけど、それを地球の意識から率先して宇宙に伝えたくれたことをきっかけに、この春からだいぶ変わってきています。いいことだと思います。

私もそうです。自分のやってきたことは、正しいこともあるだろう、間違いもあるだろう。そうやって、どこか余白を残していまを認めていくんです。少し停滞していた宇宙で、そういう流れが生まれています。


今、宇宙全体は瀬戸際です。私たちが当たり前と思っていたこと「自分は正しいときもあるだろう、間違いもあるだろう。素直になろう」

正しさを貫くいていても、いざという変化の時、誰だって自分の保身を考えます。神様と思われていた人だって考えます。

そういう時、自分という存在の個を感じ取って、地球を感じて、宇宙のソースとつながるすべてと繋がってみましょう。


ふっと余白を作り出し、それは自分の意見を大切にする自尊心からくることなのか、単に自分責められないように怖いから一方的に言い続けることなのか。

当たり前のことだよと言われるかも知れませんが、これができない宇宙の存在たちがとてもとても少ないんです。

地球という星は、変化を耐えられるだけの余白を急成長させてくれる場所です。それだけはどうか思い出してみてください。


スピリチュアルのネットや本をたくさん読む人々は、地球なんてまだまだだねなんて言うけど。私にとって見たら、「この変化を耐えきれない宇宙のみんなはまだまだだね」と、微笑みながら言う感じです。

それくらい、宇宙にいる大勢の彼らと対等にいましょう。

この星は、どこにもない変化の行動力を培う大地です。誇らしくいてほしいと思います。自分の力をちっぽけだと、信じられないと、鼻ばっかり高くなって行動できないと思ってる人は、こう考えてみてください。


地球にいて、
誰かの笑顔を喜ぶだけで、
あなたは誇らしい。

あなたの力はみなぎっている。

鼻が高くなったらその分、行動したらいい。

背筋を正して、
ときに冷静に、ときに温かく。

堂々とイエスと言えて、
堂々とノーが言える。



今ある状況を捨てるのが怖いのでしたら、なにも失う必要はないし、幸せを感じ続けるだけです。捨てる必要はありません。そうして生きていたら、自然と古いエネルギーや思考は捨てたくなるし、いつの間にか手放していることに気づくでしょう。

不器用でもいいではありませんか。何よりそこから自分と誰かの笑顔を目指して生きようとする姿が愛らしい。

どうぞ、今を誇らしく生きてみてください。これは私が宇宙から受け取った地球の現状情報と照らし合わせて提案するアイデア。今と明日の幸せの作り方、地球らしいひとつの提案です。


【地球のエネルギー放出を助けるビジュアルレーション】


私たちには大勢のマスターがいます。アシュタールだけではありません、あなたもマスターです。地球のエネルギーが解き放たれるとき、あなたは宇宙全体から大変化を経験した「変革のマスター」となるでしょう。

すでにそうなっているあなたをイメージして、イメージから生まれた明るい楽しいイメージをこの空に解き放ってください。

あなたは、宇宙の人々にとって、苦悩して鍛錬して苦境を乗り越えて、ステージで輝くアイドルと同じ。夢を叶えましょう。

あなたが宇宙のマスターの一人となりましょう。あなたは夢を叶えるために行きましょう。あなたの描いた夢のひとつひとつ、宇宙すべての人々の個性を尊重した社会のピース(平和)を助けます。


もしよろしければ、
こちらを聞きながらイメージを膨らませてください。

ttp://www.youtube.com/watch?v=XpU15Lobugg
アドレスの先頭に「h」と記入してください。
posted by SAYURI at 20:08 | 地底とのチャネリング