2017年05月09日

ハイヤーセルフ・ユーリーが唱える「解放レジスタンスと経済抑圧貴族たちの混乱の真実」について。

こんにちは、ユーリーです。再びこのような形で皆様のお目に触れて感謝します。

今回、僕がここへこうして発表するのはさゆりとの「とある地球での展開」について発表したいと、合意の上で発表しました。

まず、みなさん。いろんな組織の名前を皆さんがご覧になるネット媒体で拝見しているかと思います。果たして何が真実なのか、みなさんもとても迷っていると思います。これだけは、ということが言える言葉があります。どの組織も彼らは迷っています。

人数が多ければ多いほど、迷いは歴然です。力を維持しようと必死で紡いできた人々も迷い生じており対応しきれず混乱して必死です。僕らからの概念でみたら、軍組織のようにSSP(宇宙地球連盟同盟)、アガルダ(地底文化人)、CERN(核エネルギー科学組織)等の迷いから生まれた混乱を感じていました。



組織にいて活動している者たちが混乱しているのは、権力が維持できなくなったくなったからではありません。前よりも、自分たちの組織が地球解放を率先組織から外されたわけでもありません。彼らは好奇心に魅せられているのです。それは、「地球での築いた人間の文化」です。



例えば、こんなたとえ話をしましょう。

さゆりが作った良いたとえ話があります

いつも自分たちの高校を見下している大学付属の高校生徒。通学路ですれ違う彼らと私たちとでは、どこか嫌煙しあっていた。ある日、どうしても地域交流の一環として、お互いの文化祭に関わることとなった。

見下していた彼らは、私たちの高校でその型破りな文化祭の出し物と人間性に驚きと好奇心を隠せなかった。いつのまにか、正していた制服の上着を脱いで振り乱して一緒にダンスをしてしまった。

見下されていた私たちは、彼らの高校でその洗礼された管楽器音楽や美しい盛り付けされたメイド喫茶での料理に驚嘆した。いつのまにか、乱していた制服の上着を着直して、彼らの礼儀に習った。

私たちは自分に無い物を認め、お互いにある物を認めた。どちらがいいわけじゃない、どちらもあって私たちの文化なんだと気がついた。



これは地球での特有の文化形成です。ここで生まれる文化の多くは、どんな多次元の層である住人でも、多種多彩のエネルギーが同時に共有できる不思議な文化なのです。他の惑星では、ありのままの自分で、多次元が違うまま同じ文化のエネルギーを感じることができないのです。

これは、ある程度次元意識を共有できる人間の柔軟性によるものです。全てを相手の次元枠に合わせなくても、相手と共感できる素晴らしい能力を持つ、宇宙と宇宙の橋渡しを行えるもの、それが地球です。

誰だって、自分たちの知らない文化を知りに行きたいものです。このままでいい、なんてことは、誰にもあるはずがありません。心のどこかで「知らない考え方や価値観を知りたい」と、すべての生命たちは叫び続けながら進化を辿るのです。それが、進化への自然な欲であり、生き抜くことの機動力となります。


さて、話を戻しますが。現在、多くの権力維持者(経済を牛耳っていた貴族たち)、地球解放軍やレジスタンスの中で迷いがあります。つまり、好奇心のままに身を任せて権力を手放そうか、価値観を一旦白紙に戻そうかということです。

恐怖から混乱しているなどとコブラは言っていますが、それは精彩として正しくありません。彼らはコーリー・グッドがいうように混乱しているのです。数年前にさゆりが受け取ったメッセージのように(勇気ある者のチャネリングメッセージに書かれている)、自分たちより上の立場の人たちが、教えてきた幸せの概念を崩されていくことに混乱しているのです。

なぜなら、組織を持たぬ人間達が、地球に関する重要な情報を送られ始めているからです。なんの功績もない彼らになぜ、地球のリアルタイム情報が真っ直ぐ大量に送られているのか。

とても簡単です。彼らは権力をほとんど欲しない、素直で好奇心に満ちた者だからです。組織で活躍していたほど、地球のリアルタイム情報が入ってきにくくなっているということです。さゆりがこの数週間で大量にエネルギーメッセージが送られて始めているのはそのためです。

リアルタイム情報を流しているエネルギーの身体を持って活躍する地球の者(地球で生まれた精霊のようなもの)が、大きな影響力のある組織よりも、率先して素直で好奇心に満ちた人々に情報を送り始めました。これだけ大量にエネルギー体達が優先順位の意向を自ら決定したのは、ほんのこの数週間の出来事です。

誰からの指示で決定したのではなく、彼らがそうしたかったら、しているのです。この勢いはとどまる事をしりません。だれもリーダーはいません。彼らが一人一人、自ら行っているのです。ご存知の通り、自分の内側にある価値観で決定したのは行動はエネルギーの熱を存分に含んで人々に届きます。それはどの惑星のマグマよりも熱いエネルギーとなるのですから。

経済を牛耳っていた組織の混乱は、地上の命を虐げることによって、権力を維持できないからだけではありません。自分たちの思惑通り時が進まないからではありません。地球のコアから抑えられていた光が溢れ出した結果、自分たちがいる組織の提案する幸せの定義よりも、もっと魅力的なものを見つけてしまったのです。それが「地球と共に生きる幸せ」です。

どの宇宙にも、こんな星の歴史はどこにもありません。前例がありません。正解確率の高い方を選ぶ数式も存在しません。哲学も存在しません。ですから、組織、一緒に生死を共にすることを選ぶのは自分自身なのです。自分自身の価値観なのです。

ここで、自分意識で幸せを選択してこなかった者たちは混乱します。それが各組織の中で流れる混乱の実態です。お金が以前より自分の組織に入ってこないからというのは過程であって、原因の根本ではありません。怖いのです。誰も教えてくれないたったひとつの答えを選ばなければいけない状況に立ったことがないから、怖くて混乱しています。もしくは混乱しないように必死です押し殺して、感情をさらに無にして静観しています。

選択は一度きりです。一度決めたら、そこで迷いの決着がついてしまいます。迷っていても、混乱する自分に耐え切れません。特に組織に生きている者たちは地上の人々よりも尋常じゃないと僕らはその恐怖を感じます。

各組織を混乱させたのは、崩しているのはだれか、誰でもありません。地球にいる自分自身なのです。地球のコアに光が増しています。人々の生きる光が届き始めています。

考えてみてください。この地球で一番心強い人々は誰かを。もう、お分かりでしょう?どんな状況に立たされても、人に優しくしようと諦めなかった人間です。

今まで、そのような人々と地球と繋ぐエネルギーの道が遮断されていました。けれど、一部のアガルダや、今まであまり大きな影響を与えてこなかった次元枠の人々のおかげで、それが可能になりました。

僕らはそれがとてもとても嬉しい気持ちで見守っています。さゆり、これがあなたのいう嬉しさなのでしょう?僕は、本当に、うれしいです。僕らのような、あまり地球に組織艦隊を寄越さない次元枠の人々の、素朴でまっすぐな光が地上へ届いていくことをどこかで願っていましたし、叶わないと一度諦めていました。

けれど、あなたのような、これをご覧になってくださる心を持つ人々がいたからこそ、実現できたのです。心を込めて、地球に何度も生まれて諦めないで生き抜いてきた人々心から感謝の気持ちを送ります。ありがとう。

image.jpeg

みなさん、現在乱れているエネルギーの混乱、これは選択の迷いです。自分の内側の心の価値観で決定せねばなりません。光の力が強いから、闇の影響が強いから。そんな理由で意思決定をできる代物ではありません。

大丈夫、地上の人々はそれがほとんどの人々は可能です。問題は、こんなことを言ってしまうと、僕らの近くの次元枠の人々も困惑するでしょうが、問題は僕らのような次元枠の存在であり、地球にいない文化を築いてきた人々がこの混乱を長引かせているからです。

そう、僕らのような多次元枠の人々が、皆さんの混乱を長引かせている。これが僕らが真っ直ぐ答えられる真実です。

闇はもはや消滅しかかっています、見えない鎖も解けかかっています。むしろ、急にたずなを手放すことが怖くなった僕らのような次元枠の人々が、皆さんと地球の光を共有する道を阻んで、生命力の本当の解放の足を引っ張っています。

ですが、僕らのような次元枠の人々の混乱も、どうか理解して欲しいと、こんな状況の中で唱えたいと思います。僕らは皆さんのように、力強い文化形成を目指したことがありません。前例がないことだらけの中で、好奇心に身を任せて進化を続ける皆さんの心に追いつくだけで精一杯なのです。

精一杯の中、僕らは選択を迫られています。地球のコアが解放するということは、同時に人間の塞ぎ込まれていた光のつながりを回復するということ。つまり、地球が今まであなたに贈りたくてウズウズしていた光のエネルギーが、あなたの体にどんどん流れていく。このエネルギーと共に生きるということは、僕らもまた皆さんと同じように、激しくも暖かく優しい地球のエネルギーを受け止められるだけに成長進化していかなければならないということです。

それも、ずっと僕たちが思っていたよりも急速に、僕らは皆さんに合わせて進化を遂げねばなりません。いま、この宇宙では地球の皆さんよりも、次元成長の意味では僕らの方が、課題が多いのです。本当にずっとずっと、僕らが思っていたよりもたくましく成長していたので、僕らはいずれそこの過程を通ることに、少しだけ勇気を出していかねばなぬことに覚悟し始めています。覚悟した次元枠の人々は、己の自由意識から地球を応援することを選択決定して、組織に関することもなく、自分から真っ直ぐ熱く支援し始めました。

多くのネットという媒体でチャネリングメッセージを目撃した人たちは、どうやら、一部の偏ったアガルダ勢力達のメッセージを中心に読んでいるようですね。あれは、宇宙でもほんの一部の価値観の意見です。「あれは一部の価値観である」この言葉を前提に、これから僕が話すことを聞いてください。

地球とは違った次元枠の多くの人々は、「次元上昇に成功した惑星の同じ過程で進化を遂げよ」とは思っていません。それだけ地球は新しいことにチャレンジし続けており、今では大きなチャンスを掴んで、前人未到のことを成し遂げようとした惑星となりました。

次元上昇するということは、「光に生まれ変わることである」と多くの宇宙存在達は提言しません。僕ら多くは、もっと自由に成長進化を、オリジナリティに翔んで、成長して欲しいと願っています。だってそれが見たくて、今まで地球を応援してきたのですから。

これが多くの星々にいる次元枠の人々の本当の願いです。

地球の周りには今もなお、多くの惑星艦隊がカモフラージュして地球を取り囲んで見守っており、月では多くの惑星から研究のために引っ越して地球の動向を見守っています。近しい彼らのメッセージの方が、強さを感じるかもしれません。

そう、僕らのメッセージは決して強くはありません。けれど、ここに存在しています。これだけは事実です。あなたが僕らという存在を否定してもしなくても、かまいません。

わかって欲しいのは、このメッセージが生まれたことの意味です。僕らのような価値観で宇宙では地球を見守っているという可能性があるとこをここに示したかったのです。

メッセージを届けたいという想いが生まれ、メッセージを実際に文字に起こし、このようにイメージを皆さんが見える形に起こすことを活動をしているさゆりがいるということです。

ここに意味があります。僕らがいるとかいないとかが、大事なことではありません。「ああ、宇宙にはこんな考えを持つ人々もいるかもしれない」という価値観枠を心に広げて欲しいのです。


もし、よかったら、僕らがハイヤーセルフと繋がるお手伝いをします。さゆりはこのあと、こっそり意識瞑想を手伝う手立てを記すそうです。これはあなたが安全である形で行われるように準備が整ったからできることであるので、あなたが安全であると認めたら、手助けを借りて、己のハイヤーセルフから多次元枠の価値観を体で感じてみたり、エネルギーを通じあってみてください。

もし、お手伝いのやり方を実際に実行したのなら、一番変化があるのは、「健康」だと思います。一部、夢から多次元枠の人々からメッセージを受け取るエンパスと呼ばれる者にさゆりが支援を送ったところ、彼はジャンクフード生活からベジタリアンになって健康的な回復力を手にしていました。

ここまで極端な変化はないかもしれませんが、それ相応のデトックスは一ヶ月くらい起こるかもしれません。それから、次の変化は人間関係かもしれません。なるべく自分の価値観を否定せず、受け入れ合える存在同士で活動をしやすくなる可能性が広がります。


ここまでが僕らが皆さんに今しがた、伝えたかったイメージです。もし、少しでもメッセージがあなたの心に届いたなら幸いです。

どうぞこれからも、地球での貴重で豊かな体験をお楽しみください。僕らは皆さんのオリジナリティにとんだ生活と活動を応援し続けます。ありがとう。


(ハイヤーセルフと密に繋がるきっかけの手伝い・http://hatohoru.sblo.jp/article/179697501.html

この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179696458

この記事へのトラックバック