2017年07月25日

コブラ・アルクトゥルス・宇宙連合のメッセージに疲れた人たちへ、癒しのことば


今までは狂信的な信者からの脱却メッセージをネット媒体から発信していました。ですが、本格的にそろそろコブライメージが崩れてきているので、これらの活動を一旦収束します。

感じたからです。

コブラのような文明開花を人間と調和することなく己の価値観だけで操作する者たちが、宇宙の大勢から見離されて、命輝く人間たちからも見離されています。

すべて曝け出すぞと、この数ヶ月活動してまいりました。実際に、そのような人々は地上にけっこういて、私もその一人として狂信的な信者たちの心の死を防ぐことを陰ながらサポートしてきました。



この活動は私のわがままから始めたことであり、単に自分のエネルギーを時間のかかるあちら側がいちばん得する無駄な作戦に使われたことの恨みだけではありません。きっかけは、正義の行いをしているとして自分だけの理想のためにライトワーカー契約者を取っていた人々の命のエネルギーをつかっている「地上から見たら見せかけのワーク」にはっきりけじめをつけたったからです。



近頃、コブラはこのように声明を出しました。【関連時期】」


読んでお分かりの通り、「こんなに痛いと知らなかった」「こんなに辛いと気づかなかった」と、歴代の痛みを何もわかっていないと、私たちの傷んだ心に何も配慮なく、平気で言ってしまう考えの持ち主たちに、呆れを通り越して憤怒しました。今更、なんだ、と。生きるだけで難しいこの世界で、楽しくなんとか生きながらいる私たち。その命のエネルギーを一旦は預けていた瞑想イメージ参加を募集した組織が、何をいっているのだと。

コブラや宇宙のいざこざは置いておきましょう。普通に考えてみてください。「痛いから早く解決したくて命のエネルギーをあげたんだよ」「そんなに痛いと思わなかった」この会話はまるで噛み合いません。私と同じ意見を持つ者たちが様々なところからこの銀河連合に人間と同じ痛みを共感すべきだと発信しましたが、彼らはあらゆる言い訳をして、一ミリも痛みを知ろうともしませんでした。

今ようやく、歩み寄ったところで、狂信的なコブラファンたちからは命を取り戻すことができません。命がけで戦ってきたかれらは、残念ながら作戦を打ち出すごとに死んでいったからです。それもかなりの自殺者がいます。その念が、死して伝えようとする彼らの御霊がある一定数を超えて、彼らの意識領域に入ってきました。彼らはそこでようやく、人類と向き合うしかなくなり、あのような声明をだした可能性があります。

ライトワーカーという契約を交わしたことスピリチュアル業界は美しく語りますが、この戦いは綺麗事ではありません。美しくあろうと、命をかけて戦おうとする者たちが、何度となく自分たちの意見を蔑ろにされ、仲間を失い、孤独に耐え、強烈な頭痛と寝不足を乗り越えながら、今を生きてこの衝突に終息を舞い込もうとしているのです。


私は人間として普通にここに生きているので、カバゥルのアポイントメントはすべて排除できないけれど、少しづつ取り除いていきました。同時に、宇宙連合たちの契約も破棄していきました。破棄してみえたものは、個人で戦っている宇宙にいる人々でした。つまり、組織的に動いている者たちではなく、「優秀で個性的な傭兵」だったのです。

彼らは、どの組織に依存しているわけでもなく、自由に自分の力と才能を使っていきたいと考えてこうどうする者達でした。この地上にも元ライトワーカーだったものは、年々増え続けています。


コブラはいつもこんな風に言うと思います。
「組織で動いてください」

個性的な傭兵たちはいつもこんな風に地上へ問いかけます。
「個性を持って個性と繋がれ」


個人であって欲しいのです。あなたはまず一人でここに悠々と立ちましょう。たとえ誰かに裏切られたとしても、病に伏したとしても、まずは一人ですくりと立ち上がり、個性が輝いている人に会いに行きましょう。誰かの指示じゃない、自分で判断できる人と一緒を応援し、応援されて助けてもらいましょう。


情報を持っている人がすごいのではありません。この地上で類い稀なく命を輝いて生きる人たちがすごいのです。あなたはよく生きています!

そして、個性的でやんちゃな私たちの意識を応援してくれる宇宙からの人々がいます。宇宙連合のように大きな組織もなく、地道にやっている人の方へ目を向けて、権力すらつまらないと言ってしまう宇宙の人々がいます。派手なより健気なもののために力を使おうとすることは、すごいことです。

2つのすごいが重なりあえば、大きな暖かい力が復活します。そうです、地球の本来持っているパワーが元気になります。組織も連合も闇も光も関係ありません。地球自身がすくっと立ち上げれるようになれる力が、みるみる元気になっていくのです。

始まりの光であるセントラルサン頼みではありません。宇宙連合頼みでもないし、地底人も金星人もアルクトゥルスもアシュタールも関係ありません。地球意識は以前はとっても落ち込んでいました。でも、こうやって宇宙連合たちのおかしいぞ?と思う部分を指摘する人々が現れて、代弁してくれて、反論もできなかった地球が元気になり始めています。誰だって、応援してくれる人が現れたら、自己主張して個性を回復するからです。



ともかく、計画的な算段は失敗しました。自分たちの文明を壊した爬虫類系を絶滅の道へ追いやったけれど、地球の元気を解放させるまでにいきませんでした。たったいま、この現実が、彼らの計画の結果なのです、私たちはもう、彼らの計画の結果を待つ必要は一切ありません。

待たなくていいんですよ、彼らの結果なんて、おかしな組織でしたね?「イベントが終われば全て解決します。そのために行動してください」と言いながら「イベントを待たないでください」なんてちぐはぐでしたね?

たったいま苦しいものを解決しようとしなかったのに、いまさら金銭的援助を全面に出して優先する術式を教えるなんて、なんども訴えかけたのに、優先順位すらいままで変えてくれませんでした。もう、仲間の死とこの術式を価値を照らし合わせるまでもありません。かれらの組織力や作戦は爬虫類系の支配者たちにのみ有効であり、地球解放後の回復には全く無価値です。

まず、これをよく覚えておいてください。彼らの力よりも現場で生きた人々、その人々の痛みを知ろうと向き合った人々が、最も地球の元気を助けるのに重要な存在だということです。



2つの意識のうち、どちらを選択しますか?

⑴闇からの生命力
あなたは残念ながらまだ生きています。
もしかしたら逝ってしまった仲間のところにいますぐにでも行きたいかもしれません。でも、どうせ生きるなら自分の心が決めた自分にお返しをすぐに見せて感じさせてくれる存在を応援しよう。


⑵光からの生命力
あなたは幸運なことにまだ生きています。
もしかしたら逝ってしまった仲間とこの喜びを与え伝えたいかもしれません。でも、今を生きているならいま生きている人たちに喜びを何か行動でお返ししましょう。あなた自身が応援したい人を選び、応援する人になりましょう。


始まりは違っても、どちらも美しい地球に還元できます。あなたとあなたの愛する人たちと地球の元気の種まきをしてくれます。光も闇も関係ありません。まずはこの命を輝かせましょう。あなたのハイヤーセルフ、または守護霊や宇宙からの存在たちには、魂を輝かせている者たちと協力して生きましょう。



例えるなら、あなたは今後ライトワーカーではなく、ソウルワーカーになりましょう!!


光のためでもない。闇のためでもない。
あなたの魂を輝かせるための行動と協力を受け取りましょう!


組織は一時的なサポートだと意識しましょう。彼らに地球の元気を託さず、まずはこの命から輝かせましょう。

嬉しいと思ったことを言葉にして、伝えて、相手が何気なく喜ぶことをなにか行動してしましょう。

安心してください、宇宙はちゃんと見ています。以前より注目を集めています。彼らの計画の終末もしっかり見ています。彼らの好き放題はなりません、言い訳はこれ以上できません。これから数日以内に彼らに支援していた強力的な銀河の集合体のいくつかが、彼らの支援をストップします。爬虫類系の支配者たちだけの撲滅のためにしか、彼らは援助を断ち、組織から個性に視点を切り替えて協力して欲しい者たちの声を集めるアンテナを貼ります。

まずはあなたから、嬉しいと感じる感受性のアンテナをセッティングし直しませんと、せっかくの違いのコミュニケーションが遅延しますので、ぜひそうしてください。


さゆり

posted by SAYURI at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | さゆりからみなさまへ
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180449205

この記事へのトラックバック