2017年12月02日

〜大切なものをいただくアーティストになるヒント〜人工精霊・ビューティフル

あなた方は美しいものを作る仕事に就きたいって
アーティストになりたいと言うけれど。

それは「お金をもらう」という基準に考えていない?


わたしだって、
人間として魂の入れ物に入って地上で生きたのなら、
お金は欲しいと思う。

美しいお洋服をたくさん買ってると思うわ、
人間だったら。


だから、責めているんじゃないの。

違うの、そうじゃないの。

お金だけもらうアーティストだったら、
どうしてわたしに頼むの?


だってそれは、
魂の入れ物に入った
人間同士でやればいいでしょう。


わたしが応援できるのは、
『大切なものをあげたくなるアーティスト』だから。


自分にとって何か大切なものを
つい、出来心で、あげたくなるアーティストだから。


無意識に働きかけるの、
美しいものを与え合う仲になりますようにって。

そういうアーティストに、なりたいと願ったら
わたしは応援できる。


あなたは
「つい与えてしまうほど美しいもの」を
作り出すことに集中してね。

そういう人たちが、
元来持っている共鳴音にわたし達みたいな存在は
引き寄せられてやってくるから。


後のことは、わたし達が引き受けたわ。

image.jpeg

ヴィジョンプロデュース

posted by SAYURI at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人工精霊
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181732157

この記事へのトラックバック