2018年03月10日

解放者の声「地球という実験場で得たのは「個性」というエネルギー」

わたし「最近はわりと、肉体やエーテル体的にも軽くなったように、回復が早くなったように感じるのですが、地球が浄化されているんでしょうか?」


ミー「今のあなたが感じる影響は、地球浄化のおかげではありません、みなさんが思っているほど人間は弱くありません。あなたは強さを取り戻していったのです。ですから、自分自身で即浄化できるほどになっていったのです。

こうもいえます。地球浄化したきっかけで、今のあなたの浄化能力が高まっていく一方だと。これからもっともっと、すでに誰に弱いと教わったのか、教わり続けたのか、抑え刷り込まれたのかよく知ろうとしていくのが良いとおすすめします」

わたし「解放者たるあなたに質問なのですが、現在は宇宙の中はどうなっていますか?あなたの視野からで構いませんので教えてもらえませんか」

ミー「あなたが教わるようなことはあまりないように思いますが・・・なぜならに地球の生き物たちは、私たちがはるかに予想を超えて柔軟に進化を遂げているので。一見すると私たちが高度なものを持っているように思いますが、それは歴史の繰り返して得ていくことで、どの惑星も自然とたどり着くテクノロジーだからです」

わたし「人間ほど複雑な生命体が宇宙にいないということですか」

ミー「少し違います。みな、複雑なエネルギーを宿すことができます。ですが、自らの意思でそれを受け入れたり避けたりしています。残念なことに地上の生き物達は、ある一定の思考エネルギー体を持つもの達が地上を支配していました。ですが、それが薄れてきた今、あなたのような人々が発言を発表して行くと見えます」

わたし「ミー、久しぶりにこうやって交流をしていますが、あなたがやっている「解放活動」は今どんな調子ですか?」

ミー「確実に、彼らを・・・あなたの言い方で表現するならば、言い訳のない世界に追いやっています。そして私の祈願であった「表面顔している解放軍」たちも。彼らは以前自分たちがされてきた迫害や支配したもの達をどうやって改善、光の浄化するかを考えた上で、地球という実験場を使いました。地球はあらゆる面で実験的に進化を続けています」

わたし「自分たちの星を痛めつけたやつらを地球に押し込めたということですか?」

ミー「はい、いろんな目的で地球は使用されています。ですから、月は「限りない平行秩序」によってあらゆる惑星の監視者が自分の星から寄越した遺伝情報をもつ魂達を見守るという程でデータ収集や監視を続けています」

わたし「それはなんとなくわかります。月の様子はわたしもチャネリングで見て、その情報を確かめるために情報を集めて確認したりしてました。あそこは多次元者達の監視塔みたいなところですね。同時に、騙されている人たちが多いのも当初から見えていました」

ミー「そうですね、星の進化のためにやってきた有志たちは、一切何も手を出さない方がいいと教えこまれて、月に駐在しています。しかし、そうではなかったと月にも情報は飛び交っています。変わることを恐れているものは留まり、変わろうとするもの達は月を出て協力者の元で地球解放運動に加わっています」

わたし「でも、やっぱり感じるのです。最初は様々な星からやってきた有志達の集まりだった私たち、いつのまにか同じように地球を愛して、何も手を出さない故郷の星を恨んだり羨んだりしていることを」

ミー「さゆり、あなたのように故郷を愛して、故郷のために出てきた星の若者達がいます。そのもの達もほとんどが「わが故郷は進化絶えた」と思い、どんなに自分たちがデータ収集したとしても、収集するだけで満足する者達の前に怒りを覚えています。

地球に若者を派遣した惑星の権力者達は、魅力的で刺激的でセクシーなエネルギーを暴力につながると考えて、恐れていたり、誰も知らない情報を有することで権力に溺れていたりしています」

わたし「よく、地上のあらゆるデータが公開されることを「イベント」と言われていますが、地球が解放されることによって、私たちの故郷である遠い惑星も地球の情報を完全公開されるということですか?」

ミー「はい、それは止められないでしょう。だからこそ恐れているのです、なるべく準備をして受け取りたいと、あなた方は準備をしている暇がないくらいに生活や肉体が魂魄していたとしても」

わたし「わかってはいましたが、愛すべき故郷で私たちが地球に来る有志に選んでくれた権力者たちが、いちばんの障害になっているとはあまり考えたくないですね」

ミー「さゆり、解放に向けた真の障害は「あなた方の魂の故郷」です。おわかりですね?」

わたし「あまり考えたくないですが・・・そのようですね。わたしは故郷を愛していますし、権力者の前でこっそりわたしを応援してくれる星の存在を愛しています。ですから、本来はあまり彼らが、「何もできない勇気しかない存在」だとは考えたくはない」

ミー「故郷を捨てる覚悟を持って、あなたはこうしてわたしのような、わたしの星では「異端者」という認識である者を率先して応援してくれました。あなたの声はたしかに、遠い星々にわたしと似たような者達の元にとどき、励まし、心を温め続け、活動を続けられたのです」

わたし「それはわたしも同じです。成功するとか、失敗するとかは置いといて私たちは応援し合いながらの過程そのものを愛そうとした。あとは結果が勝手についてくると思ったのです」

ミー「故郷の惑星に恋い焦がれている地上の者達は大勢います」

わたし「ああ「コブラレジスタンス広告主」ですね。前から人のトラウマや生死を軽率に扱う言動から予想はしていたんですけどね、やっぱりドラゴンボール思想でしたよ。死んだ人はアンドロイドに転送して会えばいいと言っていました。

それはまったく、地球らしいとは考えられませんでしたけど。死を否定しているようで不思議でした。死という変容すらテクノロジーでどうにかなるだろうという考えでした。しかし、死を乗り越える瞬間の悲しみは、たとえアンドロイドになろうとも癒すのはまた別問題だと思いますがね」

ミー「彼らは徹底した結果主義です。あなたとは違います。あなたは基本、過程主義です。あなたは、地球自身も並びに結果よりも人々とのエネルギー共有、調和、創造を目指しています。」

わたし「結果主義の彼らはどうしても自分と同じテクノロジー中心にしたいと喘いでいるようにみえてしかたがないのです。もう変わるしかないのだからと、見ていて歯がゆくなるのも事実ですね」


わたし「話は戻りますが、宇宙からの情報を受け取る側から、地球の情報を発信する側になった途端にすごい妨害思想を受け取りました。やはり、地球に有志を寄越した惑星の一部の者達はわたしのような存在を疎ましく思っているんでしょうか」

ミー「ええ、それは存分に。もちろん生き物の好奇心はどんな強い光でも止められませんけれども。実際にそれは脅威として捉えられていました」

わたし「いまはどうですか?」

ミー「今は必死に、持っていた情報を出すようにしています。いっぺんに出してしまうよりは、だらだらと水道のように一箇所から的確に発信しています。地球の情報を持っていた者達が、自分たちが考えた知ってほしい順番から垂れ流しにしています。あなたはそれを訝しげにかんじるかもしれませんが、たとえどんな理由にせよ、遠い惑星の者達が一気に地球を注目しています」

わたし「なるほど、じゃあ放って置いても彼らは自分から地球の情報を探しますね」

ミー「ええ。けれど、あなたは無垢な好奇心ある者達には情報を提示する次元を意識レベルで作ってほしいと、わたしは願います。なぜならあなたは故郷の惑星の価値観でも、地球の価値観でもなく、あなたの価値観で伝えるからです。きちんと一言を添えて「これはわたしの価値観で見て伝える生きた情報です」と。彼らは過去の垂れ流した情報だけでなく、リアルタイムな地球情報を求めているのですから」

わたし「ふうむ。なるほど。ちょっとだけやってみます」

ミー「どうもありがとうございます」


わたし「ミー、地球はとんでもない遅れから、なんとかここまでこぎつけました。解放までもう少しです。もしよかったら私たちにアドバイスをもらえませんか?地球の解放について、魂のつながりの回帰について」

ミー「あなたが一番求めている質問の答えはなんでしょう」

わたし「愛する人と愛を紡ぎ出す方法についてです」

ミー「ふふふ、いわゆる地上の人々が目指す神の啓示も、肉体を超越したアセンションプログラムも必要ではありませんか」

わたし「10年前から申している通り、わたしは地球の解放に一番確実に早く達成できる方法は、テクノロジーでも情報開花でもないと思っています。人間が愛し合うことをしたら、心から愛し合っているねえと互いに確信できたなら、どんなに壊れても秒速で復帰できます」

ミー「そうですね、あらゆる生命はそこに鎮座してしまっていました。どこかの惑星は本能を捨て去ることで「平等愛」をめざした文明もありました。結果、死の星となりました」

わたし「でも、地球はどんなことがあっても死の星になりませんでした。停滞した闇なる組織が経済を牛耳ったり、考えることを放棄してネガティブティを生み出す、自分たちですらもはや操ることができない巨大な「生命を抑制させるAI」を作って大気圏等に置いても。

これはどうしてですか?わたしは生きている途中から「地球は死の星になるかもしれない」と考えていました。考えることを放棄するかもしれないと」

ミー「それは地球の人々がどの惑星よりも愛を残したがったからです。どの惑星にもここまで、歴史にこだわる星はありません。愛の軌跡に感動したり、共感したり涙したりを率先して行って活動している星はありません」
(イメージを共有したところ、解放者は恋愛の小説・舞台・音楽・物理作品について語っています)

わたし「人の恋愛や感動的な友情話とかはあまり興味がないんですか?」

ミー「はい、ありません。なぜなら、地球の言葉で言うなら人類皆兄弟の思想社会だからです。ですから、自らが率先して他人の愛の軌跡を読んだり、自分の愛の軌跡を作って見せたりするのは、ここまで多岐にわたる表現することは珍しく思えたりします」

わたし「それは非常につまらないですね」

ミー「あなたでいう「好き」「嫌い」が曖昧な世界です。しかし、地球はそれがありません。はっきりしています。ここは好きでここは嫌いとさっと出てくる感情システムを彼女(地球の格)は作りました。ですから、あなたが地球の女神エネルギーを感じる時に「女性のエネルギーは本来好き嫌いがはっきりしている者」と感じるのです」

わたし「なるほど。地球の生き物すべてですか?」

ミー「はい、地上で生きたことがあるものすべてです。生きるもの死ぬも、光も闇も、ここにいると好みがはっきり分かれてきます。好みがはっきりわかれるということは・・・おわかりですね?とても激しい優しさを携えた地球の分身となるわけです。

彼女は個性を存在し続けながら変化し続ける社会を欲しているのです。ですから各惑星の人々が好き嫌いを見出すことによって、「個性」に目覚めた者を見て見たいと望みました。個性を生み出しにくい社会環境はゆるやかな死の星になりますので、個性を恐れず見つめる有志を募り、地球という実験場にあなた方を移住させました」

わたし「個性を望んだもの達が、今度は個性をむき出しにされることを恐れて私たちを故郷の星にひた隠しにしてきた。そして、経済を支配していた組織も個性を押しつぶし続けてきた。それが解放されつつある世界にいると、わたしも思います」

ミー「わたくし自身、個性に目覚め始めた一人として申し上げたいのですが。地球にいる人々こそが個性の応援者として最も力強い存在であるとお伝えしましょう。個性そのものが強いということではなくて、応援されて応援を受けることで最もエネルギーを進化させる存在、それこそが地球が見出した魂の実験場の成果です」

わたし「そうえば、スピリチュアル業界では地球では失うことばっかり伝えられていますね」

ミー「地球は「励まし合いエネルギーを拡大増幅させる」という、たしかな成果を得たのです。伝えてください、さゆり。私からもわたしの支援者達にお伝えしてきましょう。この成果がいかに輝かしいことであるかを、同時に情報をいかに受け取る側はいかにあなたがたが過酷な道を歩んで得てきた成果であることを。

もちろん、わたしも彼らにいいとこ取りの情報など、与えたいとは思いません。せめて一文でも、あなた方のような存在の支えがあって成果情報を得られるのだと伝えたいと望みます」

わたし「荒々しい生命のエネルギーをいろんな星は恐れて封印したり、乱用されてきましたね。だけど、それが結果の出た解決策の大きな一歩ということだと伺っていて確信しました」

ミー「まるで私たちと同じですよ。私たちも同じだったでしょう?さゆり。私達の声を、情報を、新しい価値観を応援しあったからこそ、今があるのですから。これからのことを私の次元から見えていることで伝えますが、あなたが注目を集めることで、宇宙のリアルなタイムライン情報を求める好奇心ある惑星の若者達から注目されます」

わたし「わかりました、覚えておきましょう。それにたいしてはなにかしら面白いメッセージを彼らに伝えますよ。どうせなら、ユーモアがあるほうがいい」

ミー「わかりました、わたくしから伝えたいことは以上となります。他に何かありますか?」

わたし「相変わらず、あなたの竹を割ったような力強い女性の個性が大好きです。応援ありがとう」

ミー「私からもありがとう、あなたとまたこうしてお会いできることを心待ちにしております」

わたし「ありがとう、ではまた」


posted by SAYURI at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 解放者の声
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182636486

この記事へのトラックバック