2018年06月05日

ブログをお読みになる皆さんへお願い。

現在が経済リセットの局面なのは理解していますが。あまりにも一部の活動家たちから自分にやってくる情報量が多すぎるというのが、わたくしの見解です。

情報は少ないとされていますが、どうやら自分の特性と近い地球の解放を促す銀河の人々からは情報規制はあまり敷かれてないようでした。

とりあえず、現在までわたしの夢や、意図しないのに目の前に訪れた情報をお教えします。

わたし個人はこの情報量を経済リセットまで覚えておくのは難しいので、ここに記します。わたしのブログを密かに楽しみにしてくださる皆様、どうか良いアイデアがありましたらよろしくお願いします。



監獄の準備

一部のポジティブミリタリーや銀河で待機している艦隊は、わたしに監獄のアイデアを出して欲しいと提案してきました。

提案を話し合う場所に他にも、想像力豊かな様々なオタクの人たちが集まっていました。意外だったのは現在関わっているのは神に対しての誠実さではなく、正直さや素直さを持ち合わせる人たちからのアイデアを求めて、監獄建設に係る担当者がその場で聞いてきました、

完全公開、または一部情報を封印された形での情報公開してたとしても、数億に近い人たちが監獄に行く予定だそうです。

彼らはある程度、いっぺんに対処できる監獄は用意できるのですが、地球の犯罪者が監獄の中に入れた後、どのような情報や環境に置くと体質が変わるのかを知りたいようでした。

これは地球で暮らしているひとの価値観でないとわからないし、いろんな情報を見たり環境を暮らしたことがある人でないとわからないということでした。

わたしには以前、コブラがブログでアイデアを出した「白黒の教育テレビ」を見せるとともに、他のアイデアを提案中です。突然言われたものですらあまり考えはまとまらず伝えてしまいました。

もしも、これをご覧になるみなさんが、この地球において邪悪な犯罪をして逃げ回っている人たちの心をある程度フラットにさせるための監獄のアイデアをお持ちでしたら、具体的にイメージしていただけると幸いです。それを機に、みなさんのイメージを回収しに彼らは感謝を述べてアイデアを参考にするでしょう。


宇宙人を救世主扱いしない情報開示

このブログをご覧になる方はある程度、支配層たる爬虫類系宇宙人、南極やバチカンの地下組織、コブラが広告するアガルダ・レジスタンス、コーリーグッド、銀河連邦、アシュタール、サンジェルマンなど。

このような単語を出されてもすぐに理解していただける方は多いと思います。すぐに説明がつけるように、リンク場所を覚えていたり、簡単に説明できるように準備しておいてほしいとお願いします。

ただ、わたしたちはこの単語に出てくる人物たちの動きを何年も監視していたり、時に彼らを救う瞑想に参加したり、彼らの変化を見てきました。これを多くの皆さんにすべてを数日中に説明するとなると、文章力や想像力が必要になります。

わたしにはどうやらエネルギーをまとめる才能が高い様ですが、ですがたとえ努力しても全ての人になるべく「宇宙人を救世主扱いしない情報」にして伝えるのは難しいと判断しています。どうしても、まるで彼らが救世主に写ってしまうのです。

たくさんの地上に寄り添った女神や精霊たちが申している通り、この大きな局面を迎えたのはなによ「地球で犯罪もせずに優しく生きているひと」です。彼らの愛が根付いたからこそ、高度なエネルギー機械を持つ宇宙の者たちをも意見を押し通せたのです。

わたしはそんなに誠実でも優しくもありませんが、彼らの暮らす街のために、正直に受け取った情報を発言する活動をしてきます。

宇宙人を救世主扱いしない様に、宇宙人を勝てない敵だと思わないように。彼らもおんなじひとです。といいますか、私たちよりもずっと臆病で弱い者たちも大勢いますよ。

情報開示後に速やかに人々が宇宙人の価値観とは違い、地上の価値観で与えられた情報を独自で検索、解析、発信できる様にできること重要性を説いている、わたしと似た様な考えを持つ情報発信者がいます。

宇宙人は救世主ではありません。彼らは救いに来ているわけではありません。宇宙の乱れた光と闇のバランスを整えに地球解放へきた。ということを最初にお伝えしたいと思います。

可哀想だからとか、愛しいからここにきたわけではありません。それは各個人の宇宙人が考える使命感ですから、一人ひとり会って話して見ないとわからないのです。宇宙人をまとめて救世主と捉えるより、宇宙人を個人として扱ってほしいとわたしたちは伝えます。

ポジティブミリタリーは個人の組織です。一時的に集まっているだけのアイデア豊かな集団です。わたしたちみたいなひとにまとまった権力はありません。リーダーや役割を作って持ったとしても、解放されて数年経たないうちに役割は消滅します。

わたしのような者たちが率先して動いている事実を知ってほしいのです。宇宙全体の人々は決めました。個人として協力し合う集団に自分の惑星から派遣したライトワーカーとかって呼ばれた解放の実力部隊を委託する、と。

もしも、経済リセットあとに宇宙人扱いする人たちがいたら、自分なりでもいいですので彼らと対等に知り合える重要性を説くアイデアを発信していただけると幸いです。

わたしの場合、メディアが情報開示やリセットをしたのは宗教家や大統領のおかげだと周りが唱えたときのために…

「地底人アガルダがコブラを通して送った遅延された情報について」
「人間に寄り添うことを恐れた宇宙人たち」
「アルクトゥルス系が行ってきた人間意識操作」
「コーリーグッドが告発した遺伝子操作の歴史」を提示していきたい思います。

定期的に、このような準備のお願いはブログに書いてますが、今回もそれと同じく、みなさんの独自の活動を促すものとなります。


自由で人間らしいチャネラーを目指したわたし

さあて、みなさん。

最初にお尋ねしますが、わたしがずっと楽しそうにチャネリングしているように見えますか?

こにようなブログ配信はコブラや銀河連邦にも疑問を感じたことから行ってました。が、結果闇も光にもつまみ弾きでした。様々なネット的圧力もあったり、現実的にエーテル的な攻撃も受けてきました。今はもうほとんどそれをされていないので、こうしてはっきりと告知できます。

あなたは何かしら「胸の内側のひかり」が、解放後をできるだけすぐに落ち着き、フラットな世界に自分でも何かしたいと望んでいるからこそ、こんな誰にもリンクを貼られないような、口コミも少ない、マニアックな情報ブログを読みに時間を使っているのかもしれませんよ?

あなたは知っているはずです。なんども読んできたのなら。わたしが、わたしみたいな、コーリーたちのような連中が、どれだけの肉体的、精神的に追い込まれ、テクノロジー的には宇宙では少数派に寄り添って、情報開示しているかということを。

もうそろそろ、たくさんの人々が、たとえ宇宙にいる安全圏だと思われている宇宙人たちも、地底に逃げこんだアガルダ人も、同じリスクを一瞬だけ共有する瞬間がやってします。

コブラレジスタンスの情報に疑問を持ち、海外のチャネリング情報に疑問を持ち、口だけではなく自らも情報媒体となる、体験を経てから相手を対等に批判しようとしたのがきっかけで、誰かに見せる活動をしたりするのは、現実的な世界にさらされている活動の積み重ねでなるものです。宇宙にいる口先だけで地上に降り立ちもしない解放活動する連中のいいなりになるのは気分は良くないですから。

別に喧嘩したいわけじゃなく、違う次元同士でも、

私は全ての宇宙のひとと対等になりたいんです。

平気でお互い愚痴が言えるような、冗談が言えるような世界にいたい。

もしあなたが様々な情報に触れて、どんなに偉そうな宇宙人とも対等になりたいとするならば、ぜひ独自の価値観や視点で情報を読み解き、協力したいと思う人たちの情報にリンクして、発信してください。

もし、発信することに怖がったのなら、発信する前に女神ドルゥガーの手を貸してほしいと願ってください。効果抜群な人はすぐにその効果を感じることができるでしょう。


わたしの見解では、今週末の動きでわたしたち数ヶ月の変化の動向の流れが決まりそうです。

予見は当たるかもしれないし、当たらないかもしれない。まあ、わたしは知ったこっちゃありませんけどね。私の目的はただ一つ、とっとと地球が解放されることですから。

だって、心の光が消えてくれないんですから。経済リセットが早くやってこようと遅れようと、歩きたい街のために少しだけ愚痴を言いながら、人間らしいまま活動をしてます。

ではまた。

595918E8-3F42-426E-9142-20A43F247B21.jpeg
posted by SAYURI at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | さゆりからみなさまへ
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183433326

この記事へのトラックバック