2017年07月11日

解放者たちの声。地球が文明から生まれたジレンマの癒しの実験場である理由。


わたしは解放者と呼ばれ、さゆりにミーと呼ばれています。もしくは、皆さんのお好きなように名付けていただいて構いません。

でははじめましょう。

さゆりにとってわたしは、仲間探しの一環で手に入れた人脈であり、一時の混乱を共に過ごそうと心に誓った仲です。ですが、いつでもそばにいるというよりは、率先して助けてあげるというよりは、相手が手を差し伸べたら手を差し伸べるという成長した関係です。


本文を読む。
posted by SAYURI at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 解放者の声

【第1章】第5節「ハイヤーセルフたちの声、内なるあなたの声を聞きましょう」


僕らは初めそれが理解できませんでした。さゆり自身もそうですが「目を瞑るほど恐ろしい己にかける自傷行為はない」という意識が生まれ持って強いからです。

さゆりは僕らの声をなんらかでいつも発信続けました。その一つが「文字を書くこと」です。彼女はずっと前から、子供の時からそうしていました。
(多分ユーリーは私が小学生の頃に書いた中編童話と詩について話しています)

image.jpeg
本文を読む。
posted by SAYURI at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーリーの伝書鳩

2017年07月05日

【第1章】第4節「ハイヤーセルフたちの声、内なるあなたの声を聞きましょう」


こんにちは、ユーリーです。再びあなたにお目にかかります。

本日は先日から引き続いて、僕らとより良い状態で関係が密になり、ハイヤーセルフたちの声共に、内なるあなたの声を聞くセッションアドバイスをお伝えします。

image.jpeg
本文を読む。
posted by SAYURI at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーリーの伝書鳩

2017年07月03日

解放者から見た今の地球で起こっていること。

あなた方のことを応援する者です。さゆりからは、ミーと呼ばれていますが、皆さんのお好きな名前とイメージ姿でご想像ください。

私たちがご提案する地球解放アイデアを皆さんと共有したいと思います。

さゆりは以前から古くなったコブラ信仰と唱えていましたが、今レジスタンスたちは新しいプロジェクトの再施工を強いられています。


本文を読む。
posted by SAYURI at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 解放者の声