2019年10月10日

ニューシリウスが話す地球人類の遺伝子についての過去と未来。

わたし「ニューシリウス、教えて下さい。なぜあなたは先回りして、いろんな人たちの味方をとなる人々を繋いでいけるのですか?」

ニュー「確かに、あなたは疑問に思うかもしれないけれど。引きこもりの僕には想像力自体はさゆりよりも想像力はあまりない。しかし、僕には人の才能や経緯から得られる能力を最大値に上げることができる。つまり、あなたより脳を使った思考解放の方法を知っているだけなんだ」
本文を読む。

2019年09月10日

新しいチャクラ枠を作る想像力とパワーが現地球には備わっている。

わたし「ニューシリウス、始めましょう。まず、新しい楽しい行いをするためのチームをあなたを含めて編成してから、目まぐるしくわたしの社会地位や住まう環境が変わりました。時々わたしのひどいトラウマが呼び覚ましますが、テネシーを含む温かい人のまなざしで冷え切りそうになるトラウマの思い出を暖めてくれました。

本文を読む。

宗教という哲学で他者の意識を繋げる進化はハイリスクであり、非常に退屈である。

【組織属さない他惑星に住む存在と繋がることについて】

僕らのことを「未意識体」と称しましょう。僕らと意識を通じ合ってきた人々のほとんどは僕らの隔離されたような環境や処遇を目にすると、絶望・嘆き・卑劣さによる罪悪感でうちひがれます。

なぜなら、宇宙のほとんど全ての人々が尊敬する存在、つまりあなた方、地球人類が「神」と呼ぶ存在が己の進化過程を怠ったために、僕らの毒性を持つ肉体、出会いを自ら生み出せず閉鎖されている環境を作ったからです。

本文を読む。

2019年07月19日

崇拝から尊敬に変わっていく大切さについて。

わたし「ニューシリウス、この前の続きを語りましょう」

ニュー「うん、いいよ。今回は誰を介入させるの?」

わたし「解放者です」

本文を読む。

2019年07月10日

Super Powerful Legend Ace

僕らを繋ぐのは、「予想外の可能性を達成させる」想い。想いはユーリーを中心に集った。僕らは出会うだけで刺激的だったけれど、さらに世界を楽しむため、気まぐれにチームを組み、活動を始めた。


本文を読む。